名古屋の研修会場を借りる際のルールと注意点

新入社員の研修や店長研修、管理職研修などを行うのに、社外の貸会議室などを利用して行うケースは増えてきています。通常の業務を妨げること無く研修を行うことができるため、社外に研修会場を借りるのは有意義なことです。名古屋の近辺では貸会議室もたくさんあり、少人数が入れる小部屋のようなところから1000人規模で人を収容できる大会場まで、バラエティーに富んでいます。その時々に参加する人数に合わせて会場を選べる点がメリットです。ただし、こうした場所を借りるには、事前にさまざまな点を確認しておき、問題点をクリアーしておく必要があります。実際に研修が始まってからクレームが来ないようにするとともに、最大限に研修の効果を上げるためには、事前の準備はとても大切です。

名古屋の研修会場を借りる際の注意点

研修を円滑に行うためには、事前の準備がとても大切です。研修の趣旨毎にふさわしい会場レイアウトなどは異なります。会場によっては、事前に依頼しておけばレイアウトを作っておいてもらえる場合もありますし、自分で行わなければならない場合があります。依頼した通りにレイアウトをしてもらうために料金が発生する場合と無料の場合がありますので、確認しておきましょう。セミナーや研修では、さまざまな機材や書類などを必要とします。当日運び込むのではなく、事前に運び込むことはできるのか、またその方法やタイミングについても確認しておきましょう。セミナー開始の時間よりも少し早めに会場入りして準備を行いたいものですが、貸し館の時間帯によっては、難しい場合もあります。何時から借りられるのかを明確にしておきましょう。

名古屋の研修会場を借りる際に確かめておきたいこと

研修は1日だけで終わるとは限りません。数日にわたって行われる場合は、その会場を数日間レンタルすることとなります。借りている間は持ち込んだ荷物や書類などをそのままにしておけるかも確認しましょう。研修が午前と午後にまたがる場合は昼食をとることも考慮しなければなりません。会場内で飲食ができるかどうかも確認しましょう。場所によっては、提携している仕出し弁当業者以外の持ち込みは許されない場合があります。研修を行う時は、マイクを使ったり、音を出す場合もあります。音出しが可能かどうかも確認しておきましょう。また、隣の部屋も研修会場として使われている場合もあり、隣で音出ししていると、それが響いて研修や会議の妨げになる場合があります。会場内の防音などについても確認しておきましょう。